北海道,桜,開花,時期,見ごろ,スポット,品種,ジンギスカン

桜お花見情報〜さくらサクラ櫻の見ごろ・スポット最前線〜

桜満喫プランのある宿

桜満喫プランのある宿
1年に1度のお花見シーズン。どうせなら有名な桜スポットを訪れてみては?
MAPPLEトラベルオリジナル!春には「桜」を楽しむプランを集めた特集があります。
部屋から桜を眺めたり・・・
桜のお菓子をいただいたり・・・
季節を楽しむ宿泊プラン
あなたの穴場の桜スポットがみつかるかも!?

全国のお花見スポット(桜の名所)検索と桜の開花情報。桜前線が一目でわかる地図、写真、ランキングから花見の名所を集めた特集などもあります。

なぜ、桜は日本人にこんなに人気があるんでしょう。
春が近づくと桜の開花日が待ちどうしくなりますね。
いよいよ桜シーズン”といううたい文句が巷にでてくると、咲く前から開花を待ち構える雰囲気になってきま。
卒業、入学、入社など、節目の時期に桜は咲くので印象に残りやすいですね。
そして、桜の木全体にいっせいにに開花する。
この驚き!そしてボリューム感がいいんですよね。
桜の花は葉っぱが出る前に咲きますので、桜の花が目立つし、ソメイヨシノのうすいピンクの桜は、暖かい気候と相成って、ほのぼのとした気分にさせてくれます。
またそんなきれいな桜は、すぐに散ってしまう。
このはかなさは、まさに日本人好みといえそうです。
散るときに風に舞って桜に花びらがハラハラと散る姿はとても絵になります。
考えてみただけでも桜には日本人が好む要素がいっぱい揃っています。
これだけの条件がそろってる花は、桜以外にはないですね。

Sponsored Link
人気コンテンツ まずはコチラをチェック

北海道,桜,開花,時期,見ごろ,スポット,品種,ジンギスカン

北海道の桜前線




日本の桜は世界中に知られています。
そんな桜を観たい方は、桜前線とともに日本を北上していくと良いでしょう。南から北にかけて桜前線は進んでいきます。

当然、北海道の桜の名所を観る時期は、九州の桜の名所を観る時期に比べると遅くなります。
東京の桜の見ごろを基準とすると、北海道の桜の名所の見ごろは一ヶ月ほど遅くなります。
東京の桜は3月下旬から4月上旬が見ごろなので、北海道の桜の名所には、ちょうどゴールデンウィークの辺りに訪れると満開の桜が楽しめるでしょう。

北海道の桜前線



hokkaidosakurazensen.jpg

桜前線は日本列島を北上します。
当然ながら最後は北海道です。北海道と言っても広いので、期間は長いです。
まず北海道初上陸は道南。それも北海道最南端の松前町で、4月末遅くて5月5日までにはたいてい咲きます。4月中は基本的に函館あたりだけと思えばいいでしょう。

徐々に北上し、札幌界隈はだいたい5月10日あたりに桜が開花します。
最北の稚内が一番最後かと思われがちですが、実は日本で一番最後は例年道東の根室なんです。
稚内は釧路と同じく5月15日ころ、最も遅い根室が5月20日ころ。これが平年の開花日です。

平地では、根室市本土最東端の納沙布岬に2007年に植樹された25本のチシマザクラが、日本一遅い桜の開花です。
根室標本木よりも東に位置するため、5月末に開花します。
しかし、山岳地帯を入れると最も遅いのは根室ではありません。

桜前線のゴールはどこ?
それは、タカネザクラ(高嶺桜)や、それに近い千島桜です。
タカネザクラや千島桜は北海道と本州の高山部に分布しています。また、北方領土にもあるそうです。
寒冷地の雪や風に耐えるため、成長してもあまり背が高くなりません。
タカネザクラの葉や花柄、萼に毛が生えたものを千島桜と呼びますが、専門家によればあまり明確な区別をする必要はないそうです。

北海道の東端、根室市の清隆寺は千島桜の名所の一つ。
ここには、明治の初め頃に北方領土の国後島から移植された千島桜の子孫が何本もあります。毎年5月中旬から下旬頃に咲きます。

桜前線の東の端になりますから、ここの桜が咲くと、テレビなどではよく「桜前線が終点に着いた」という言い方をします。
北海道には、ここよりも桜が遅く咲く場所が何ヶ所もあるのです。

また、北海道ではアポイ岳、夕張岳、斜里岳、羅臼岳、利尻岳などに千島桜が自生しています。
日本全国を駆け巡る桜前線の終焉は、北海道の中央部に位置する大雪山系黒岳(チシマザクラ)で、だいたい6月はじめまでに開花を迎えます。

北海道の桜の種類





北海道の桜といえばいろいろあるのですが、日本の桜ブランド「ソメイヨシノ」は寒さに弱いこともあって、道南・道央どまりです。

では、どんな桜が北海道で特に見ることが出来るのかというと、代表種は 「オオヤマザクラ」。
北の寒い気候に耐えるオオヤマザクラです。北海道に広く自生するためエゾヤマザクラとも呼ばれます。花が大きく開くのが特徴です。
北海道民なら一度は聞いたことある有名な桜です。

そのほかにも「カスミザクラ」「ミヤマザクラ」「タカネザクラ」「チシマザクラ」といった桜もあります。

北海道のお花見事情





春といえば花見です。満開のさくらの木の下で花見をするのが日本国民の春恒例の楽しみのひとつです。
さて、桜といえば→お花見という図式になりますが、もちろん、北海道の花見の主役はジンギスカンと言ってもいいくらいなのです。
会社などの行事でいう「観桜会」っていうのも、たとえ屋内で桜の無い場所で行なったとしてもジンギスカンがあれば花見なんです。
ジンギスカンとビール、その他のお酒がすすむにつれ、宴会は桜が満開だろうが散ってようが開花状況に関係なく盛り上がっていきます。



人気コンテンツ まずはコチラをチェック



当サイトに関連している商品が在庫切れの場合や、お探しの商品が当サイトで見つからなかった場合は、楽天市場もしくはアマゾンでお探しください。

▼楽天市場で探す▼


▼アマゾンマーケットプレイスで探す▼

Sponsored Link

検索

もし何かありましたら、下よりお調べ下さい
サイト内検索 by Google

サブコンテンツ

デート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。